お知らせ

母親学級

当院では妊娠中期(12週頃)と妊娠後期(34週頃)の2回に分けて、助産師による母親学級をおこなっています。
妊娠中期は妊娠中の過ごし方後期はお産に向けてのこころやからだ、環境づくりなどを出産までの準備を、後期は分娩の経過や入院中のこと、赤ちゃんのお世話などをお話しいたします。

助産師1名につき患者さま7名という少人数で、アットホームな雰囲気が好評です。
同じ時期に出産する妊婦さん同士、心配な事や不安、知りたい情報などを共有を出来ることも魅力のひとつとなっています。

妊娠中のサポート

夏季休診のお知らせ

8月11日(日・祝)から8月18日(日)まで、夏季休診とさせていただきます。

臨時休診のお知らせ

6月27日(木)午後の診療は休診とさせていただきます。
ご了承のほど、お願い申し上げます。

国分寺市・子宮がん検診 申込み期間のお知らせ

令和元年度、国分寺市子宮がん検診の第2回申込みが5月7日(火)より始まりました。
申込み期間は5月7日(火)~20日(月)となります。
受診をご希望の方は、市報または国分寺市のサイトをご覧ください。

子宮頸がんは早期発見が大切!
子宮頸がんはほとんど初期症状がありません。
近年では20~30代の女性に増加傾向がみられるため「私は若いからがんなんて大丈夫!」と思わず、若い時期こそセルフヘルスケアを大切にしてください。
検診の対象年齢は20歳から。積極的な受診をオススメいたします。
当院は国分寺市子宮がん検診の契約医療機関です。

子宮がん検診

5月8日は『世界卵巣がんデー』です

世界卵巣がん連合では2013年より毎年5月8日を「世界卵巣がんデー」(World Ovarian Cancer Day)として、女性に対して卵巣がんを知ってもらうためのメッセージを発信するなど、啓発キャンペーンを開催しています。

卵巣がんの初期はほとんど自覚症状がなく、おなかの張り、下腹部痛、食欲の低下などの症状があってはじめて受診することが多いのですが、そのときにはすでにがんが進行していることもあります。
卵巣がんは女性であれば全年齢に発症する可能性があるがんであるため、早期発見が重要で、若いころからの定期的な検診が大切なこととなります。
当院では、超音波や採血による検査を実施しています。

女性特有の疾患

新生児聴覚検査の自治体による助成について

当院では出産されたすべての赤ちゃんに、自動聴性脳幹反応法(ABR)による聴覚検査を実施しています。
なお本年4月より、お生まれになった赤ちゃんの聴覚検査にかかる費用のうち3,000円を上限として、自治体より助成金が支払われることとなりました。
くわしくは新生児聴覚検査の項目をご覧ください。

小金井市・子宮がん検診 申込み期間のお知らせ

4月1日(月)から4月15日(月)は、小金井市の子宮がん検診の申込み期間となっております。
受診をご希望の方は小金井市のサイトをご覧ください。
当院は小金井市・子宮がん検診の契約医療機関です。

ゴールデンウィークの診療について

本年のゴールデンウィーク期間中の診療は下記となります。
受診をお考えの方はお気を付け願います。

4月27日(土) 午前中診療
4月28日(日) 休診
4月29日(月) 休診
4月30日(火) 終日診療
5月1日(水) 休診
5月2日(木) 終日診療
5月3日(金)~6日(月) 休診

ホームページをリニューアルしました

初めて受診される方へ

当院の診察券をお持ちでなく、初めて診察を受けられる方も、インターネット予約システムをご利用いただけますが、現在、予約が取りづらい状況となっております。
予約が取れない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

診療予約についてのお知らせ

特に土曜日などは、ご予約が取りづらい状況です。
混雑も予想されますが、当日受付として順番待ちにて診察を受けていただくことも可能です。
インターネット予約システムをご活用いただき、平日など、比較的空いている日時にご予約を
入れていただけますよう、お願い申し上げます。
ご予約のない方は午前は11:00まで、午後は4:00までにご来院の上受付を済ませてください。